【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介
 

パソコンを購入しようと調べていると「レノボは買うべきじゃない」という口コミを見かけることがないでしょうか。
このような口コミを見るとて「レノボ以外にしようかな……」とついつい考えてしまうものですいる方も多いのではないでしょうか。

しかしレノボは、PC出荷台数で常に上位に位置する世界有数の人気メーカーです。
それにもかかわらず、どうして「レノボを買ってはいけない」と言われていわれているのでしょうか。

そこで今回はレノボを買ってはいけないと言われる理由や、レノボ製パソコンの特長、おすすめする人・おすすめしない人の特長について詳しく解説します。
重視するポイント別におすすめのレノボ製パソコンも紹介しますので、パソコン購入で迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

Lenovo レノボ ThinkPadの中古ノートパソコン専門店Be-Stockはこちらから

Let'snoteなど全メーカー中古ノートパソコン専門店Be-Stockはこちらから


レノボを買ってはいけない言われる理由

レノボは家電量販店でも多く立ち並び、耐久性やコスパの良いパソコンとして広く知られる人気パソコンメーカーの一つです。
しかしながら「レノボはおすすめしない」という声をもよく聞かれます。どうして「レノボを買ってはいけない」と言われているのでしょうか。その理由を解説します。

①アメリカでは推奨がされていない

アメリカ国防省はレノボ製パソコンの使用を禁止しています。
それに加えて、一時期、アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアなどの情報 機関では、レノボ製パソコンを使用するのが禁止されているという噂が立ちました。

ただ、アメリカでレノボ製パソコンの使用が完全に禁止されているという訳ではありません。
米国商務省は取引制限リストを公表しており、その中には多くの中国企業も含まれていますが、レノボはリストに入っていないのです。

IBMが手がけていたパソコン事業を買収したレノボはアメリカでも認知度が高く、本店をアメリカに置いています。
コスパの良さからレノボ製パソコンの人気はアメリカ国内で非常に高く、多くの企業で導入されているパソコンです。
事実、アメリカ内でも多くの地方自治体や州でレノボ製パソコンを使用していることが分かっています。

しかしアメリカ国防省が使用を禁止したこと、アメリカを含むいくつかの国で使用が禁止されたという噂が立ったことで、レノボは危険と認識している人も多いようです。

②過去の不祥事

レノボは過去にSuperFishが開発したソフトによるアドウェアがプリインストールされていた不祥事を起こしています。
これは、2014年9〜12月に発売されたレノボの個人・家庭向けパソコンに、Visual Discoveryという広告配信用のアプリアドウェアが入っていたというものです。
プリインストールとは、パソコン購入時に初めからインストールされていることを指します。

Visual Discoveryは、ユーザーの行動を追跡してユーザーに合った広告を配信する広告ソフトウェアとして、レノボ製のパソコンにプリインストールされていました。
しかし蓋を開けてみると、IDやパスワードを勝手に解除する機能がついていて、起動させるとユーザーの個人情報を抜き取ってしまう可能性がある危険なソフトだったことが分かっています。
また通信に割り込み、セキュリティを脆弱にするという危険性があることも判明したのです。

この問題は「レノボが意図的に情報を抜く目的でインストールしたのではないか」と大きな波紋を呼びました。
これによってレノボへの信頼は大きく損なわれ、アメリカ政府が問題視し、数多くの集団訴訟も起きています。

一連の騒動に対し、レノボはSuperfishの削除ツールを配布し、Superfishとサーバーの接続遮断などで信頼回復に努めました。
また、Superfishがプリインストールされたパソコンを購入したユーザーには、セキュリティ対策のサブスクリプション・McAfee LiveSafeを6カ月分無料で提供しています。
今後出荷するパソコンには不要なソフトウェアをインストールしないことを宣言したことで、信頼は少しずつ回復。
2017年 には、集団訴訟の中でも注目されていた米連邦取引委員会による訴訟も、賠償金・条件付きで和解しました。

アメリカとも和解し現在は解決された問題ですが、過去の不祥事によるマイナスイメージを持っている人がいなくなった訳ではありません。
そのため「セキュリティに不安があるからレノボはやめた方が良い」と考える人もいるようです。

③中国製であること

レノボは本店をアメリカに置いていますが、香港に本社を持つ中国メーカーです。
「なんとなく中国製品は嫌だな」と思っている方もいるのではないでしょうか。
こういった中国に対するイメージから、「レノボは買わない方が良い」と考える人も少なくありません。

しかしながら、レノボは日本のメーカーであるNECや富士通とも事業統合を行っています。
山形県米沢市にはNECパーソナルコンピュータ米沢事業場がありますが、ここでレノボのThinkPadが4機種生産されており、米沢生産モデルという名前で販売されています。
中国メーカーではありますが、国産のレノボ製パソコンも存在しているのです。

レノボを代表するビジネス向けノートパソコンのThinkPadですが、元々アメリカを代表する企業であるIBMのブランドでした。
現在ThinkPadは横浜にある大和研究所で技術開発が行われているため、日本の技術が詰め込まれたパソコンです。

このようにレノボは中国メーカーではありますが、一概にレノボ製のすべてのパソコンが中国製とは言えません。

実はすごいレノボPCの特長

ここまで紹介したような理由でレノボを敬遠する人がいても、レノボが世界有数のパソコンメーカーであることに変わりはありません。
世界中で人気を集めるレノボ製のパソコンは、他のメーカーに負けない素晴らしい特長があるからです。
パソコンの購入を検討しているのであれば、どのような特長があるのか詳しく知っておきましょう。

「価格」が安くコスパがよい

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

レノボのパソコンは、なんといっても価格が安いです。
レノボ製パソコンは低価格モデルからハイエンドモデルまでありますが、同じスペックのパソコンを買う場合、他のメーカーよりも圧倒的に安く購入できる傾向にあります。
レノボ公式ホームページに掲載されている価格に送料が含まれているのも、うれしいポイントです。
10万円以下でも高性能のパソコンが見つけられるでしょう。

また、レノボは高い頻度でセールを開催します。
ハイスペックなモデルでも、かなりディスカウントされた価格で販売されているので、お得に購入できます。

頑丈である

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

レノボのパソコンは耐久性に優れています。
パソコンはさまざまな機械の中でも、特に衝撃や圧力、熱に弱いと言われている機械です。
近年多くのメーカーが耐久性の高いパソコンの開発に注力していますが、レノボは特に頑丈なパソコンの開発に力を入れています。

レノボのパソコンは、衝撃・振動・開閉耐久・圧力・静電気・温度・ホコリなど、200種類以上の耐久テストをクリアしています。
レノボの研究開発をしている大和研究所で行われるテストは拷問テストと称されるほどで、かなり厳しい環境でも問題なく使えることが証明されています。

ビジネスパーソンや学生は、ノートパソコンを持って移動する機会が多いです。
近年リモートワークが普及したことでカフェなどで仕事をする人も増え、持ち運び時のトラブルに耐えられるかどうかはパソコン選びの大きなポイントです。
もちろん耐久テストをクリアしていても、状況によって壊れてしまうことはあります。
しかし、頑丈なレノボのパソコンなら比較的安心して持ち運ぶことができるでしょう。

使いやすい

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

レノボのパソコンは、操作性が高く使いやすいことでも知られています。
特にキーボードにはこだわっていて、打ちやすさや間違えにくさを重視することに加え、それでいて疲れない設計になっているのが特長です。

特にThinkPadでは、浅いストロークでもクリック感を得られるよう、エンジニアがキー操作の研究を徹底しています。
他のシリーズも研究し尽くされたキーボードによる快適な打鍵感で、ストレスなく文字が打てます。

 

ThinkPadはキーボード内の中央に赤いトラックポイントが付いているのも大きな特長です。
トラックポイントを使用すれば、キーボードから手を離すことなくカーソルを動かして操作ができます。
キーボードにはバックライトもついていて、プレゼン中の暗い会議室でもスムーズな入力が可能です。

グッドデザイン賞をとった事例あり

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

レノボのパソコンは、これまでに何度もグッドデザイン賞を受賞した実績を持っています。
グッドデザイン賞というと「おしゃれなデザインを表彰するのかな?」と思っている方もいるのではないでしょうか。
しかし実際は見た目のデザインではなく、くらしや社会を豊かにするデザインを表彰しています。

グッドデザイン賞を受賞している製品は、おしゃれなデザイン性はもちろんのこと、使いやすさ・分かりやすさ・創造性など社会やユーザーにとって価値が認められる製品です。
このグッドデザイン賞を受賞した実績が豊富にあるレノボのパソコンは、ユーザーに多くの価値を提供してくれるパソコンだと言えます。

2022年度は、ThinkPadの梱包パッケージもグッドデザイン賞を受賞しました。

またYoga Slim 7i Carbonをはじめ、レッド・ドット・デザイン賞を受賞したパソコンもあります。
レッド・ドット・デザイン賞は世界三大デザイン賞と称される権威ある賞で、世界に影響を与えたプロダクトデザインや広告デザインなどを表彰しています。

このようにレノボは、世界から認められるデザイン性の高さを持ったパソコンをいくつもリリースしているのです。

品ぞろえ・ラインナップが100種類以上ある

レノボのパソコンは、品ぞろえ・ラインナップが豊富なのも特長です。
また、カスタマイズ性が非常に高く、同じモデルでもプロセッサやメモリ、ディスプレイなどが自由に変更できます。
どの程度カスタマイズできるかは製品にもよりますが、例えばThinkPad X1 Carbon Gen10であれば、14の要素 をカスタマイズ可能です。

品ぞろえ・ラインナップが豊富すぎると迷ってしまうかもしれませんが、それぞれのブランドに特長があるため、目的に合わせて選びやすいです。
ノートパソコンだけでも、以下のようなブランドがあります。

  • ThinkPad

  • ThinkBook

  • YOGA

  • Legion

  • IdeaPad

  • Lenovo

それぞれの特長を見てみましょう。

ThinkPad

レノボの代表格とも言えるブランドで、IBMから引き継いで今に至ります。
ThinkPadは高品質なビジネス向けモデルです。
近年のモデルは、ビジネスシーンに合わせて形を変えられる柔軟性の高さや、リモートワークやオンライン会議でもプライバシーを守れる開閉式カメラカバーのThinkShutterを備えています。

また、センサーによって反応するインテリジェント冷却エンジンが、状況に合わせてパソコンが可動に適した温度になるように調節してくれるのも特長です。
バッテリー性能も高く、周囲からの覗き見を防止するThinkShieldも搭載しています。
セキュリティを強化し、なりすまし検出や生体認証機能なども採用されています。

ThinkBook

コスパの良さを求めるビジネスパーソン向けのブランドがThinkBookシリーズです。
ボディには軽量なアルミニウムを採用し、持ち運びやすさにも工夫を凝らしています。
また、キーボードの配置は人間工学に基づいて設計されている他、ブルーライトカットができるモードを搭載し、ビジネスパーソンの体の負担を軽減してくれるのも特長です。

Webカメラにはプライバシーシャッターをつけ、 電源ボタンには指紋センサーを統合させることで、セキュリティの高さも維持しています。
また、Dolby Audioやスマートノイズキャンセリングを搭載し、快適なオンライン会議ができる工夫も施されています。

YOGA

超薄型でありながらパワフルに使いこなせるYOGAは、さまざまな賞も受賞しているプレミアムノートブックです。
多様な働き方が求められる時代に、一人ひとりの働き方に合った使い方ができるよう設計されています。
ディスプレイはコンバーチブルとなっていて、ノートパソコンとしてもタブレットとしてもニーズに合わせた使い方が可能です。

一見ノートパソコンには見えないスタイリッシュなボディは、第2世代Webコアカーボンファイバーを使用。
YOGA Slim 770i Carbonの場合、重量はわずか約988.3gとなっており、持ち運びにも便利です。
米国国防総省が開発したMIL-STD-810H規格に準拠しており、衝撃や振動への耐久性にも優れています。

Legion

オンラインゲームを楽しむために開発されたゲーミングパソコンがLegionです。
Legionはデスクトップ型も販売されています。
CPUやグラフィック性能にこだわり、3Dゲームでもサクサク楽しめるハイスペックなパソコンがラインナップされているのが特長です。

高額になりがちなゲーミングパソコンですが、Lenovoならではのコスパの良さで人気を集めています。
公式ホームページでは、ゲームタイトルごとにおすすめのパソコンを選べるようになっていて、初心者でも自分に合ったパソコンが見つけやすいでしょう。

IdeaPad

リーズナブルでありながら必要な機能を兼ね備え、初心者向けのエントリーモデルから上級者向けのハイスペックモデルまでそろっているのがIdeaPadです。
最新のプロセッサやグラフィックを採用していて、ゲーミングパソコンや2in1タイプも登場しています。

どのタイプも薄型で持ち運びがしやすいのが特長です。
また、Chrome OSを搭載したIdeaPad Duet 5シリーズもあります。Chromebookを探している方におすすめです。

Lenovo

会社名を冠したLenovoは、コスパを重視するビジネスパーソン向けのブランドです。
5万円台で購入できるモデルもあります。

例えばLenovo V14 Gen 4 AMDは、5万円台でありながら、AMD Ryzen7000シリーズ・モバイル・プロセッサやFHDディスプレイを採用した性能の高さが魅力です。
2台目のパソコンを探している方にもおすすめです。

サポート体制がしっかりしている

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

レノボはサポート体制にも定評があります。
本記事を読んでいる方の中にも「レノボは中国メーカーだから対応が不安」という方もいるかもしれません。

しかしレノボの日本法人から購入した製品であれば、全てのレノボ製品の修理はNECパーソナルコンピュータ群馬事業所で行われます。
電話サポートや修理、配送などもNECと協力して、安定したサポートを提供しているのです。

また、電話以外でもWebチャットやLINEチャットによるサポートも受けられます。
パソコンに不具合が出た経験がある方は「サポートセンターになかなか電話がつながらない」というイメージもあるかもしれません。
しかし、レノボなら希望する日を予約して、技術スタッフから操作説明などをしてもらうことも可能です。

全ての製品は1年保証が付き、故障があった場合に送料無料で保証サービスを受けられます。
有償にはなりますが、保証期間の延長や落下・水漏れなどのトラブルに備えるアクシデント・ダメージ・プロテクションも用意されています。

行き届いたサポート体制が整っているので、1台目のパソコンとしても選びやすいでしょう。

おすすめする人・おすすめしない人の特長7選

さまざまな評判があるレノボですが、世界トップシェアを誇るだけあって価格や品質も評価されていることが分かりました。
では、どのような人にレノボのパソコンが向いているのでしょうか。レノボをおすすめする人・おすすめしない人の特長を紹介します。

おすすめする人

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

まずはレノボのパソコンをおすすめしたい人の特長から紹介します。

価格を抑えてパソコンを購入したい人

できるだけ価格を抑えて高性能なパソコンを購入したい方には、レノボのパソコンがおすすめです。
レノボのパソコンは同スペックでも他のメーカーよりもリーズナブルなモデルが豊富にあります。
セールも頻繁に行っているので、お得に購入できるチャンスも多いです。
狙っているスペックのパソコンより、さらに高いスペックのパソコンが予算内で購入できるかもしれません。

ビジネスで活用できるパソコンが欲しい人

レノボのThinkPadは世界中で人気を集めるビジネス向けノートパソコンです。
ThinkPad以外にもThinkBookやLenovoなど、ビジネスシーンに適したラインナップが豊富にあります。
近年発売されたモデルはリモートワークやオンライン会議を想定した機能も搭載されているため、ビジネスで活用できるパソコンを探している方におすすめです。

パソコンを持ち歩く機会が多い人

レノボのパソコンは何度も耐久性テストを繰り返し、品質が認められたパソコンです。
頑丈さには定評があるので、外出先での落下リスクへの不安も軽減できます。
タフな環境でパソコンを使用する機会が多い方にもピッタリです。
レノボのパソコンは、女性の体重を想定した重量で平均荷重試験を行います。
満員電車に乗る機会が多い方も安心です。1kg前後の軽量なパソコンも豊富なラインナップがあります。

子ども用のパソコンを探している人

小学校でもプログラミングの授業が必修化され、ご家庭でお子さんがパソコンに触れられる環境を用意する方も増えています。
子ども用パソコンを探しているのなら、耐久性に優れているレノボがおすすめです。
有償のアクシデント・ダメージ・プロテクションもあるため、うっかり落としたり飲み物をこぼしてしまったりというリスクにも備えられます。

おすすめしない人

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

次にレノボのパソコンをおすすめしない人の特長を紹介します。

中国メーカーのパソコンは購入したくない人

普段から中国製品を避けて購入している方の中には「どうしても中国メーカーのものは買いたくない」という方もいるかもしれません。
それぞれの価値観ですから、中国メーカーのものを避けたい方なら、レノボのパソコンは向いていないでしょう。

ただ先述したとおり、レノボのパソコンの中には日本で製造されているものもあります。
またNECや富士通とも事業統合を行い、NECとはサポート体制でも協力しているため、一概に中国メーカーだと言えない点も考慮してみることをおすすめします。

Mac OSを使用したい人

レノボ製パソコンのOSはほとんどがWindowsですが、一部Chrome OSを搭載したパソコンもあります。
ただ、Mac OSはAppleのパソコンにしか搭載されていません。
Mac OSを選びたいという方は、レノボはもちろんApple以外のパソコンを購入する選択肢はなくなるでしょう。

デスクトップパソコンを探している人

レノボはThinkPadをはじめとしたノートパソコンに強みを持っているメーカーです。
デスクトップもThinkCentre・Idea Centre・Legion・WorkStationなど、ラインナップはあるのですが、ノートパソコンほど種類は多くありません。
もちろんデスクトップパソコンもコスパがよく優れたモデルがあるのですが、選択肢が限られてくるため、他のメーカーとも比較してみることをおすすめします。

おすすめレノボPC

ここからはおすすめしたいレノボのパソコンを紹介します。何を重視するかに分けて解説しますので、ご自身の要望や使用環境に合ったパソコンを見つけてみてください。

シリーズ重視

まずはシリーズ重視でレノボのパソコンを購入したい方におすすめの機種から紹介します。

ThinkPad X1 Yoga

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

ThinkPadシリーズで実用的なパソコンを探しているなら、2in1としても活用できるThinkPad X1 Yogaがおすすめです。
ボディはかなり薄くて軽量で、タッチペンのThinkPad Pen Proが標準搭載されています。重量は約1.36kgで持ち運びにも便利です。

第10世代の6コアCPUに対応していて、スペックにも申し分ありません。
高速ストレージを採用していて、パフォーマンス性能も高いです。
高解像度のディスプレイも選択可能で、リアルな画質を再現できます。
また、バッテリーは19時間の長時間で、万が一充電がなくなっても60分で約80%まで急速充電が可能です。

ThinkPadはビジネスパーソン向けのブランドですが、多様な使い方ができるThinkPad X1 Yogaは、学生や家族で使えるパソコンを探している方にも適しています。

  • CPU:インテル® Core™ i5・i7プロセッサ(種類により異なります)

  • メモリ:8・16GB

  • ストレージ:256GB〜2TB(SSD)

  • GPU:UHD

  • 大きさ:323mmx218mmx15.5mm

  • ディスプレイ:14.0インチ

  • 解像度:・1920x1080・2560x1440・3840x2160

  • バッテリー駆動時間:約19時間

商品ページはこちら

ThinkPad L15

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

こちらもビジネスパーソンに人気のThinkPadシリーズのモデルです。
インテル第11世代のプロセッサを搭載し、15.6インチの大画面ディスプレイになっています。
持ち運ぶには若干大きめのサイズですが、オフィスや自宅での作業が中心となる方なら、画面が見やすいためスムーズ快適に作業できるでしょう。

Webカメラには開閉式カバーのThinkShutterがついていて、リモートワーク中やオンライン会議中のプライバシーを守れます。
また、ワンタッチで受話・終話できるキーがついていて、オンライン会議が多い方にもピッタリです。

Thinderbolt 4に対応したUSB Type-CやHDMI、マイクロホン・ヘッドホンコンボジャックなど、インターフェースも充実しています。
外部機器とスムーズな接続ができるため、社外での打ち合わせやプレゼンでも活躍します。

  • CPU:インテル® Core™ Celeron・i3・i5・i7プロセッサ(機種によって異なります)

  • メモリ:64GB

  • ストレージ:1TB(SSD)、2TB(HDD)

  • GPU:-

  • 大きさ:366.5mmx250mmx21.7mm

  • ディスプレイ:15.6インチ

  • 解像度:1366x766、1920x1080

  • バッテリー駆動時間:約11.3時間

商品ページはこちら

コスパ重視

次にコスパ重視でパソコンを選びたいという方におすすめのラインナップを紹介します。

ThinkPad L13

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

ThinkPadシリーズの中でも、よりコスパを重視したモデルとなっているのがThinkPad L13です。
第10世代インテルCoreプロセッサを搭載し、パフォーマンス力が高いのが特長です。
メモリ容量が16GBかつストレージが1TBと、パワフルに使いこなせます。

画面サイズは13.3インチ、重量は1.38kgと持ち運びに便利なノートパソコンです。
バッテリー駆動時間が約14.7時間なので、一日中外出する機会が多い方にもぴったりなパソコンでしょう。
万が一充電が切れてしまっても、わずか60分で約80%の急速充電が可能です。

薄いところで厚さが17.6mmというスタイリッシュなデザインになっており、持つ人によりスマートな印象を与えます。
セキュリティ性能も高く、指紋センサーや開閉式カメラカバーのThinkShutterがついているのも特長です。

  • CPU:第10世代インテル®Core™ プロセッサ(カスタマイズによる選択)

  • メモリ:~16GB

  • ストレージ:128GB〜1TB(SSD)

  • GPU:内蔵グラフィック

  • 大きさ:311.5mmx219mmx17.6mm

  • ディスプレイ:13.3インチ

  • 解像度:1366x768

  • バッテリー駆動時間:約14.7時間

商品ページはこちら

ThinkPad L580

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

第8世代インテルCoreプロセッサを搭載し、ビジネスに必要なニーズを満たす機能が充実しているのがThinkPad L580です。
15.6型のディスプレイは光沢なしの仕様になっているため、長時間のデスクワークでも目が疲れにくく、映り込みのストレスもありません。
11.9時間の長時間バッテリーですが、万が一バッテリー残量が少なくなっても、急速充電が可能です。

テンキーもついているので、数字を扱うことが多いビジネスパーソンにもおすすめです。
指紋センサーが搭載されているモデルもあり、タッチするだけで簡単にログインできます。
また、FIDO認証を搭載することで、オンラインでの決済もスムーズに行えます。

その他のThinkPadシリーズと同様に、厳しい耐久テストをクリアしています。
落下などの衝撃にも強いパソコンです。ハードな作業環境にも耐えうる高い品質を誇っています。

  • CPU:第8世代 、第7世代 インテル®Core™/Celeron プロセッサ、カスタマイズによる選択

  • メモリ:32GB

  • ストレージ:SSD/HDD

  • GPU:CPU内蔵・AMD Radeon™ RX 530 2GB DDR5

  • 大きさ:376.5mmx254.5mmx22.95mm

  • ディスプレイ:15.6インチ

  • 解像度:1366x768・1920x1080

  • バッテリー駆動時間:約11.9時間

商品ページはこちら

IdeaPad Flex 5 Gen 8

エントリーモデルでもAMD Ryzen7000シリーズプロセッサを搭載したIdeaPad Flex 5 Gen 8は、コンバーチブルタイプの2in1ノートパソコンです。
ヒンジが360度回転し、タブレットのようにして使うことも、立てて使うこともできます。
ラップトップモード使用時には、人間工学に基づき、体に負担のない角度でのタイピングが可能です。

液晶は16:10の画面比率なので、書類作成や動画編集作業もスムーズにできます。
また、リアルに鮮やかな映像を映し出す上、低ブルーライト認定を受けているため、目への負担も軽減できるのが特長です。

スライド式のプライバシーシャッターがついたHD 720pカメラが内蔵されており、リモートワーク中やオンライン会議中のプライバシーを守れます。
また、ノイズキャンセリング機能も搭載されていて通話中の周囲の音をカットできるため、ストレスなくオンライン会議に参加できるでしょう。

  • CPU:AMD Ryzen™ 3 7330U・AMD Ryzen™ 5 7530U・AMD Ryzen™ 7 7330U

  • メモリ:8・16GB

  • ストレージ:256・512GB(SSD)

  • GPU:AMD Radeon™ グラフィックス

  • 大きさ:313.1mmx224.9mmx17.8mm

  • ディスプレイ:14.0インチ

  • 解像度:1920x1080

  • バッテリー駆動時間:約14.5時間

使いやすさ重視

レノボは使いやすさが特長のメーカーですが、中でも使いやすいおすすめモデルを紹介します。

ThinkPad X1 Carbon

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

外出先でも使いやすい大画面のパソコンを探しているのなら、ThinkPad X1 Carbonがおすすめです。
14型のモバイルパソコンで、重量は1.09kgとかなり軽量なため、バッグに入れてもストレスなく持ち歩けます。
厚みも14.95mmと薄型なので、バッグの中でもかさばりません。

第10世代インテルCoreプロセッサを搭載しているため処理能力も高く、マルチタスクでもサクサク作業できます。
新しいWi-Fi規格のWi-FI6に対応しているので、常に安定した接続を維持できるのも魅力です。

バッテリー駆動時間は約19.8時間で、外出中でも充電が切れてしまう心配がありません。
ワンタッチで受話・終話が可能なファンクションキーを搭載していて、オンライン会議が多い方にもおすすめです。
覗き見を防止するThinkPad Privacy Guard採用モデルもあり、オフィス以外で作業する機会がある方でも気軽に作業できます。

  • CPU:インテル® Core™ i5・i7プロセッサ(機種によって異なります)

  • メモリ:8・16GB

  • ストレージ:256GB〜2TB(SSD)

  • GPU:-

  • 大きさ:323mmx217mmx14.95mm

  • ディスプレイ:14.0インチ

  • 解像度:1920x1080・2560x1440・3840x2160

  • バッテリー駆動時間:約19.8時間

商品ページはこちら

IdeaPad Slim 570

AMD Ryzen5000 シリーズ モバイル・プロセッサと、AMD Radeonグラフィックスを搭載し、高速パフォーマンスを実現するIdeaPad Slim 570
15.4時間の長時間バッテリーで、外出先でも安心して作業ができます。
また急速充電にも対応しているので、高負荷な作業でバッテリーが減ってしまったとしてもすぐに対処できるのも特長です。

ディスプレイは14.0型 FHD IPS液晶で、色鮮やかな画質を実現。映像も滑らかに映し出すため、オンライン会議はもちろん、動画視聴にもピッタリ最適です。
液晶パネルは低ブルーライト認定を受けているので、目の負担を軽減しながら作業ができます。
また、Dolby Audio対応のステレオスピーカーを搭載していて、臨場感のある音質が楽しめます。

  • CPU:AMD Ryzen™ 5 5625U モバイル・プロセッサ・AMD Ryzen™7 5825U モバイル・プロセッサ

  • メモリ:8・16GB

  • ストレージ:256・512GB(SSD)

  • GPU:AMD Radeon™ グラフィックス

  • 大きさ:321.7mmx211.8mmx17.9mm

  • ディスプレイ:14.0インチ

  • 解像度:1920x1080

  • バッテリー駆動時間:約15.4時間

デザイン性重視

レノボはパソコンを持ち歩くのが楽しくなるようなデザイン性に優れたパソコンも多いです。デザイン性重視の方におすすめのパソコンを紹介します。

YOGA 650

天板にユニークなファブリックカバーを採用したYOGA 650は、2in1でタブレットとしても活用できるノートパソコンです。
360度ヒンジを採用しているため、スムーズにラップトップモードからタブレットモードに移行できます。
ボディが丸みを帯びていて手に馴染みやすいのも特長です。

見た目は可愛らしいノートパソコンですが、FHD IPS液晶とAMD Radeonグラフィックスを搭載していて、滑らかな動画再生を実現します。
カジュアルなゲームなら十分楽しめるスペックの高さです。

使用状況に応じて適したパフォーマンスを発揮してくれるインテリジェント・クーリング機能が搭載されていて、バッテリー消費を無駄にせず作業ができます。
タッチペン操作が可能なため、イラスト制作やメモを取りたいときにも活躍するでしょう。

  • CPU:AMD Ryzen™ 7 5700U

  • メモリ:最大16GB

  • ストレージ:最大512GB(SSD)

  • GPU:AMD Radeon™ グラフィックス

  • 大きさ:308mm×206.5mmx17mm

  • ディスプレイ:13.3インチ

  • 解像度:1920x1080

  • バッテリー駆動時間:約21.6時間

ThinkBook 13s Gen 4

第12世代インテルCoreプロセッサ搭載のThinkBook 13s Gen 4は、スピーディな処理能力で高いパフォーマンスを実現するビジネスノートです。
2色を組み合わせたモダンな印象のあるデザインで、アルミニウム製のボディが高級感を演出しています。

また、FHD1080pの内蔵カメラとDolby Audioに対応したステレオスピーカー、1920x1200ドットのディスプレイを採用しています。
オンライン会議もクリアな音声・映像でできるのが特長です。

指紋センサーと統合された電源ボタンや、シャッターを装備した内蔵カメラで、プライバシー対策も万全。
17.8時間のバッテリー駆動時間で、パワフルに使える高スペックなビジネスノートです。

  • CPU:インテル® Core™ i5-1240P プロセッサ

  • メモリ:最大16GB

  • ストレージ:最大512GB(SSD)

  • GPU:CPU内蔵

  • 大きさ:297mmx211mmx14.9mm

  • ディスプレイ:13.3インチ

  • 解像度:1920×1200・2560x1600

  • バッテリー駆動時間:約17.8時間

スペック重視

ハイスペックなモデルもコスパが良いレノボは、作業に大きな負担のかかる動画編集やゲームもスムーズに行えるパソコンが豊富です。
スペック重視の方におすすめのモデルを紹介します。

ThinkPad Z16 Gen 1

アルミニウムのボディが洗練された印象を感じさせるThinkPad Z16 Gen 1は、AMD Ryzen PRO 6000 Hシリーズ・モバイル・プロセッサを採用しています。
新しいガラス製感圧タッチパッドを採用することで、打鍵感もさらに向上しています。
バッテリー駆動時間が25.9時間なので、出張中でも充電を気にする必要なく作業できるでしょう。

また、ThinkPadに欠かせないトラックポイントから、カメラ・マイク・スピーカーなどの設定ができるコミュニケーションクイック機能を開くことができるようになり、会議中の調節もスムーズです。
オーディオにAIを搭載し、素早く応答してスムーズなオンライン会議を実現します。

情報漏洩リスクから守ってくれるThinkShieldを装備し、セキュリティ対策は万全です。
CPU自体にセキュリティ機能を組み込んでいて、通信経路を攻撃されないような仕組みになっています。

  • CPU:AMD Ryzen™ 5PRO 6650H モバイル・プロセッサ、7 PRO 6850H モバイル・プロセッサ、9 PRO6950H モバイル・プロセッサ

  • メモリ:16・32GB

  • ストレージ:512GB・1TB

  • GPU:AMD Radeon™ RX 6500M 4GB GDDR6、APU内蔵

  • 大きさ:354.4mmx237.4mmx15.8mm

  • ディスプレイ:16.0インチ

  • 解像度:1920x1200・3840x2400

  • バッテリー駆動時間:約25.9時間

Legion Slim 770i

Legion Slim 770iは、ノートパソコンでありながらデスクトップに引けを取らないパフォーマンス性能を持ったゲーミングノートパソコンです。
第12世代インテル Coreプロセッサを搭載し、ゲーム・ストリーミング・編集・録画などをシームレスに実現します。
インテル スレッド・ディレクターが常にパソコン内で行われている処理を監視し、適切なワークロードを割り当ててくれるため、常に高いパフォーマンスを維持できます。

ディスプレイはアスペクト比が16:10となっていて、よりダイナミックな映像を映し出します。
また、Lenovo Smart Powerを搭載しておりパソコンの冷却機能を向上。常に高いCPUとGPUパフォーマンスを実現するのが特長です。

日常的にも使いやすいスタイリッシュなデザインなので、クリエイターにも人気が高いです。
CNC削り出しアルミニウムを採用し、薄型でありながらも力強さを感じさせるデザインに仕上がっています。
ゲーミングノートパソコンとしては比較的軽量な2.23kgで、持ち運びもしやすいです。

  • CPU:インテル® Core™ i5-12500H プロセッサ、i7-12700H プロセッサ、i9-12900H プロセッサ

  • メモリ:8・16GB

  • ストレージ:512GB・1TB

  • GPU:NVIDIA® GeForce® RTX 3060 Laptop

  • 大きさ:357.7mmx260mmx16.9~21mm

  • ディスプレイ:16.0インチ

  • 解像度:2560x1600

  • バッテリー駆動時間:約9.0時間

IdeaPad Gaming 370i

第12世代インテルCoreプロセッサ搭載のIdeaPad Gaming 370iは、ビジネスでも活躍するシンプルでスタイリッシュなデザインのゲーミングノートパソコンです。
高いゲーミング性能を持ちながら、ストリーミングや動画編集・再生・録音など、さまざまなタスクをマルチにこなします。
GPUにNVIDIA GeForce RTX 30シリーズを採用したクリエイターにもおすすめのパソコンです。

冷却性能を高めるために、デュアルファンと4方向排気を採用し、キーボード面から冷気吸入を行うことで換気性能も向上。
ノイズを軽減させた高い静音性で、ゲームの音や動画の音声を楽しみながら世界観に没頭することができます。

キーボードの使いやすさにもこだわっており、操作性も従来のゲーミングノートパソコンより向上しています。
また、プライバシーシャッターつきのFHDカメラを内蔵しており、ビデオ通話中も必要に応じてプライバシーを守れるのが特長です。

  • CPU:インテル® Core™ i5-12450H・12500Hプロセッサ、i7-12700H プロセッサ

  • メモリ:16GB

  • ストレージ:512GB(SSD)

  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPU、NVIDIA GeForce RTX 3050Ti Laptop GPU、NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop

  • 大きさ:359.6mmx277.8mmx20.9~25.9mm

  • ディスプレイ:16.0インチ

  • 解像度:1920x1200

  • バッテリー駆動時間:約11時間

レノボならハイスペックなパソコンでも手に入れやすい

【コスパ最強PC】レノボPCを買ってはいけない理由は? おすすめ商品も紹介

アメリカが使用を推奨していないこと、過去の不祥事、中国メーカーであることなどから「レノボのパソコンを買うべきではない」と考える人も少なくありません。
しかしレノボは世界でトップシェアを誇る人気のメーカーの一つです。

コスパの良さには定評があるため、予算内でワンランク高いスペックのモデルを手に入れられる可能性もあります。
また、拷問とも呼ばれる耐久テストをクリアした品質なので、持ち運ぶことが多い方にも適しています。
パソコンの購入を検討しているのなら、レノボのパソコンも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

コスパの良いレノボのパソコンをよりお得に手に入れたいなら、中古パソコンもおすすめです。
Be-stockでは、レノボをはじめ人気メーカーの中古パソコンを豊富に取り扱っています。
全てのパソコンは1年保証で、購入から10日以内なら交換も可能です。
お得にパソコンを手に入れたい方は、ぜひBe-stockのホームページもチェックしてみてください。

Lenovo レノボ ThinkPadの中古パソコンはこちらから

Let'snoteなど全メーカー中古パソコン、スマホ、タブレットはこちらから

 


Copyright © 2024 ITS-Japan Inc. All rights reserved.