レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説
 

パナソニックのノートパソコンである「レッツノート」は、根強い人気を誇る同社の人気ブランドで、ビジネスパーソンを中心に多くの方に利用されています。

決してリーズナブルな価格ではありませんが、高額でも売れ続けています。

ノートパソコンはさまざまな会社から、多くのブランドが発売されているにもかかわらず、レッツノートは1996年の発売以降ずっと愛され続けてきました。

とはいえ、なぜレッツノートが人気を集め続けるのか、よく知らない方も多いのではないでしょうか。
レッツノートが人気を博す6つの理由を解説するとともに、選ぶ際の注意点も紹介します。中古パソコン選びに悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Lenovo レノボ ThinkPadの中古ノートパソコン専門店Be-Stockはこちらから

Let'snoteなど全メーカー中古ノートパソコン専門店Be-Stockはこちらから


レッツノートとは?

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

レッツノートとは、パナソニックが1996年に発売したノートパソコンのシリーズで、20年以上経った今なお愛され続けている人気ブランドです。

その時代に合わせたスペックのパソコンを生み出しており、利用シーンに応じた設計がされています。

同ブランドでは豊富なシリーズが展開されており、用途に応じて必要な機能を持ったものを選べるようになっています。

例えば光学ドライブを標準搭載するSV、2 in 1モデルのQV、軽量で持ち運びやすいRZなど、オフィスワークはもちろん出張先への持ち運びや他社でのプレゼンなど、利用シーンに合わせたセレクトが可能です。

オンラインだけのパナソニックストアプラスでは、カスタマイズレッツノートが販売されており、理想のスペック・カラーリングにカスタマイズできるのも魅力です。

また性能・価格が異なる複数のモデルが展開されているので、予算に応じて選びやすくなっていることから、一度に複数台導入したい企業からも重宝されています。

レッツノートはなぜ人気?6つの理由

レッツノートは発売から20年以上経つにもかかわらず、衰えることなく愛され続けている人気シリーズです。

なぜ人気ブランドであり続けるのか、6つの理由を解説します。「中古パソコン選びで悩んでいる」「仕事で使えるものを探している」方は、ぜひ参考にしてみてください。

高スペック

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

CPU・メモリ・ストレージといった基本スペックが高く、高性能なのが人気を集める大きな要因の一つです。

レッツノートは平均的なスペックよりもワンランク上のスペックで開発されるため、常に進化し続けるIT業界に取り残されることのないパフォーマンスを発揮してくれます。

特にCPUは「一年でも長く現役マシンとして使えるように」という想いから、高性能なものを搭載しており、ビジネスの第一線で長期間活躍してくれます。

他にも他社製品よりも多いメモリ容量、高解像度の液晶など、主流となっているスペックよりも高スペックで発売されるのがレッツノートです。

一般的なノートパソコンよりもスペックが高いからこそ、レッツノートシリーズは型落ちや中古でも人気です。

多少古くてもスムーズに動いてくれることから、型落ちや中古は、レッツノートを新品よりも安く手に入れられるお得な機会ともいえます。

軽量

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

レッツノートはシリーズ共通で軽量設計になっており、中には1kg未満のものもあります。
軽量に設計されているので、どこにでも持ち運びしやすいのがメリットです。

ノートパソコンは「作業場所を定期的に変えたい」「プレゼンに使う」「出張に持って行きたい」など、目的は違えど持ち運ぶために選ぶ方が多いでしょう。

難なく持てる軽さであっても、ずっと持ち歩いていると負担になりがちです。特に出張や営業などで持ち歩く際は、少しでも軽い方が体に負担なく働けるでしょう。

また軽量だからといって、他の機能を疎かにしないのがレッツノートです。「軽さ」「丈夫さ」「長時間駆動」のベストバランスが追求されています。

丈夫

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

ビジネスシーンでの持ち運びの多さや長く愛用できるように、軽量でありながらも頑丈な作りになっています。

素材には軽く丈夫なマグネシウム合金が使用されており、天板はスーツケースなどと同じく衝撃に強いボンネット構造になっています。

衝撃への耐久性だけではなく、駆動や外気温などによる熱からも保護できるよう高い排熱性能を誇っているのも注目したいポイントです。

CPUが高温になっても処理速度が落ちにくく、長時間高いパフォーマンスを発揮してくれます。

また落下や圧迫といった瞬間的な衝撃だけでなく、移動中の振動にも強い設計になっているので、営業などで持ち運びの多い方でも長く使い続けやすいです。

こうした細部にまでわたるこだわりのおかげで、パナソニックが行ったアンケート調査では、落下時の非故障率は驚異の91.2%でした。

長く使い続けられるノートパソコンや、衝撃を受けやすい環境で使いたい場合などでも、使いやすくなっています。

長時間バッテリー

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

長時間駆動バッテリーを採用していることで、1分でも長く駆動させられるのも大きな強みです。

出先でのプレゼンテーションや海外での商談、出張先での使用などでも、充電切れを起こして機会損失にならないようパワフルなバッテリーが搭載されています。

レッツノートのバッテリーは、L・Sの2サイズが用意されており、軽さとバッテリー駆動時間のどちらを重視するかで選ぶことが可能です。

例えば2023年春モデルである「SV12.1型 WUXGA」では、以下のようにバッテリー性能・重量に差があります。

  • Sサイズ:約12.5時間稼働・約1.009kg
  • Lサイズ:約19.5時間稼働・約1.109kg

Sサイズでも半日以上も稼働させられるので、充電切れによるビジネスチャンスを逃す心配がありません。

またバッテリーは脱着式になっているので、予備のバッテリーを持っていれば、より長時間使い続けることもできます。

使いやすい

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

使用者の目線に立って、使いやすさを追求しているのもレッツノートが根強い人気を誇る理由の一つです。

代表的な例として挙げられるのが、本体キーボード下にある「円形タッチパッド」です。

円の内側を丸くなぞるとスクロールするので、指一本で上下左右にスクロールさせることが可能。タイピングしながら、親指でスクロールすることもできます。
マウスがなくてもスクロール操作できるので、停車中の車内や屋外で急に対応しなければならなくなった場合でも、操作しやすくなっています。
ホイールパッドに段差が設けられているので、一般的なタッチパッドにありがちな四隅に触れてカーソルが誤動作してしまうのを防いでくれるのもポイントです。

また豊富な端子が用意されており、Thunderboltのような新しいポートから、VGAポートやLANポートといった最近では使用頻度の減ったポートまで搭載されています。
古いポートでも現役で使っているケースを想定して、あえて古いポートも備えているので「一台でどこでも使える」ようになっています。

細かなニーズまで想定して、痒い所に手が届くよう設計されたノートパソコンです。

中古でも十分に使える

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

最新モデルと比べると古い中古品でも、十分現役で使えるスペックを誇るのがレッツノートの魅力です。

長く現役で使用できるように、基本的なスペックが高くなっているので、型落ちしても第一線で活躍してくれます。中古品でも、十分高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

また頑丈な設計になっているので、使い古されたモデルでも故障の心配が少ないのもポイントです。

「コストは抑えたいけどスペックの高いものが欲しい」という場合に、中古のレッツノートはおすすめです。

レッツノートを選ぶ際の注意点

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

レッツノートは高いスペックと軽量さ、丈夫さなど多くの面から使い勝手が良く、ビジネスパーソンを始め根強い人気を誇るのも頷ける性能となっています。

しかし、選ぶ際にはいくつか気を付けたい注意点があります。「思ったのと違った」と後悔しないために、注意点を押さえておきましょう。

スペックやOSを確認する

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

用途に応じたスペックが十分にあるのか、どのOSが採用されているのか確認しましょう。

「文章作成できれば十分」という方と「動画を編集したい」という方では、必要となるスペックは大きく異なるので、用途に応じたスペックかどうか確認することが大切です。

特にビジネスシーンで使用するのであれば、マルチタスクに耐えられるようメモリは8GB以上のものを選びましょう。Web会議と作業を並行するなら、16GBあれば十分です。

レッツノートは基本的にメモリは8GB以上となっていますが、中古品の場合は4GBのメモリを搭載されてるものもあるので要注意です。

またOSはサポート終了済みのものもあるので、中古で購入する際は、どのOSが入っているのかも確認しなくてはなりません。

  • WindowsVista:サポート終了済み
  • Windows7:サポート終了済み
  • Windows8/8.1:サポート終了済み

現役でサポートが継続している、Windows10以上のものを選びましょう。

Officeソフトの有無を確認する

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

ビジネスシーンでの利用や学業での利用を考えているのであれば、Excel・Word・Power PointなどのOfficeソフトが入っているかが大切です。

Officeソフトは資料作成に役立つため、ビジネスシーンはもちろん大学など学業でも役立つので、必須ともいえるソフトです。
ほとんどのシリーズでOfficeソフトは搭載されていますが、SV・QVシリーズの一部のように、搭載されていないモデルもあるので、必ず確認しましょう。

反対にOfficeソフトが必要ないのであれば、入っていないモデルを選ぶのも一つの手です。Officeソフト分の費用を安く抑えられます。

保証の有無を確認する

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

 もし故障や初期不良などがあった際に、保証を受けられるかどうかも大切なポイントです。

レッツノートはノートパソコンの中でも特に丈夫な製品ですが、初期不良が起こる可能性はゼロではないため、万が一の際に対応してもらえるか否かは重要です。

特に中古で購入する際はメーカー保証を受けられないので、購入店が保証してくれるかどうか欠かさず確認しましょう。

保証には無償・有償の2パターンあるので、どちらの保証があるのか確認しておき、不安であれば有償保証の加入も検討してみてください。

また保証の有無だけでなく、保証対象となる「期間」も要チェックです。保証期間の長さは店舗や商品によって異なるので、十分な期間保証されるか確認してください。

中古の場合は状態(ランク)を確認する

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

パソコンの状態が新品であれば気にならないポイントですが、中古品の場合は商品の状態(ランク)を確認しましょう。

レッツノートは丈夫なノートパソコンですが、中古品はどのくらいの期間どのように使用されてきたかは商品によって異なるので、状態もまちまちです。

本体・画面に傷がないか、チェックすることが大切です。
液晶に傷があると作業しにくいのはもちろんですが、本体に傷がないかどうかも要チェック。大きな傷があると、過去に強い衝撃を受けた可能性があり、内部が損傷しているかもしれません。
擦り傷程度では問題ありませんが、大きな傷や凹みなどがある場合は避けるのが無難です。

インターネットショップなど実物を見られない場合は、ランクをチェックしましょう。

Be-stockでは、商品全体のコンディションを下記のように表記しています。

  • Sランク:キズなどがほとんど無い良品で、当店で最高の状態の商品
  • Aランク:筐体にキズ、使用上差支えない程度の小さなヒビ、ワレ、欠け、欠損などがあるが全体的に良い商品※ヒビ、ワレ、欠け、欠損など無い商品は「状態良好」と記載
  • Bランク:Aランクに比べ、パッと見てすぐに気付くようなヒビ、ワレ、欠け、欠損などがあるもの
  • Cランク:B ランクに比べ筐体に破損などがある、わけあり品のもの
  • ジャンク:動作が保証できない商品

中古品を購入する際は、こうしたランクや状態を確認することが大切です。

レッツノートは軽量かつ丈夫でビジネス人気が高い

レッツノートは発売から20年以上経っても愛され続けている不動の人気シリーズで、ビジネスパーソンをはじめ多くの方が愛用しています。

軽量で丈夫なだけでなく、一般的なノートパソコンよりも高スペックになっているので、長期間現役で使い続けられるようになっています。

中古品や型落ちでも十分に高いパフォーマンスを発揮してくれるので、ある程度高いスペックを求めているがコストは抑えたい方は、レッツノートがおすすめです。

Be-stockでは初期不良があった場合には、無償交換サービスを行っており、送料も弊社で負担いたします。中古品でも動作不良の心配なく購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

【レッツノートはなぜ人気なのか?6つの人気の理由と選ぶ際の注意点を解説

Lenovo レノボ ThinkPadの中古パソコンはこちらから

Let'snoteなど全メーカー中古パソコン、スマホ、タブレットはこちらから

 


Copyright © 2024 ITS-Japan Inc. All rights reserved.